年始に急遽仕事でトルコ行くことにーオンライン診療で渡航用陰性証明書を発行し無事入国

年代:40代
住まい:愛知県/妻・子供と四人暮らし
職業:小売業

■急遽仕事でトルコへ行くことになり、陰性を証明する為にPCR検査が必要になった

ー PCR検査を受けようと思ったきっかけを教えてください

私はトルコ出身でトルコのインテリア雑貨を輸入する仕事をしているのですが、今年の1月に仕事の関係で急にトルコに行くことになりました。自分自身に症状があったわけではなく、まわりに新型コロナウイルスに感染した人はいなかったのですが、トルコに入国するには、72時間以内に実施されたPCR検査陰性結果を提示しなければいけなかったので(在イスタンブール日本国総領事館)、PCR検査を行う必要がありました。

■日本人の妻のサポートのおかげで、問題なく申し込むことができた

―「スマート検査ラボ」のサイトは日本語ですが、大丈夫でしたか

妻が日本人なので、サポートをしてもらいました。そのため、問い合わせなどもすることなく、申し込むことができました。

―「スマート検査ラボ」には使い方の動画がありますがご覧になりましたか。

観ました。とてもわかりやすかったです。

■年末年始でも営業していたのが最終的に選んだ理由

―スマート検査ラボを選んだ決め手はなんですか

トルコに行くことが決定したのが昨年の年末でした。PCR検査ができる病院を探しましたが多くの病院が休みに入ってしまっていたんです。病院で検査するのは難しいと思って、すぐにインターネットで「PCR検査」という単語で検索をしました。PCR検査を取り扱っているサイトをいくつか見たのですが、やはり年末年始でお休みのところばかりだったんですね。でも、その中で「スマート検査ラボ」は年末年始も対応していると知り、サイトの内容もわかりやすかったので、1月2日にトルコに行くために、12月28日に検査キットの申し込みをしました。

■オンライン診療を受けて陰性証明書を発行。その後予定通りに無事帰国

―キットを受け取られてからどのようなタイミングで検体を採取しましたか

28日に注文して、次の日の29日にキットが自宅に送られてきました。1月2日に飛行機に乗る必要があったので、30日に唾液を採取して近くのポストに検体を投函しました。唾液は簡単に採取することができましたね。

―結果はいつ頃出ましたか

検体を送った後、自宅で待機していたところ、1月1日の夜にはメールで判定結果が届きました。飛行機に乗る前に間に合うかなと心配していたんですけど、間に合って安心しました。検査結果は陰性だったのですが、陰性証明書の発行には医師のオンライン診療を受ける必要があったので、予約して受診しました。先生の説明はわかりやすく、渡航用だったので、陰性証明書は英語のものを発行してもらいました。

―今後またPCR検査を受けることはありそうですか

今のところありませんが、5月頃に仕事の関係で受ける必要があるかもしれません。今回は年明けすぐにトルコに行く必要があり、日程的にPCR検査が間に合うかギリギリでした。知り合いにも年末年始にPCR検査の対応しているところをよく見つけたね、と言われました。帰国後も問題なく過ごしていますし、本当に「スマート検査ラボ」には助けてもらいました。ありがとうございました。